歯周病 よくある質問

-

何故、歯周病で歯が抜けるのですか?

-

30歳を過ぎた成人の歯が抜ける原因の約9割は歯周病というデータがあります。
歯周病は、もともと患者さんの口の中にいる常在菌と呼ばれる細菌の感染症です。
この細菌は、空気に触れない状態を好むため、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる溝の中や、歯並びが悪い歯の間、そして被せ物の隙間などで繁殖します。

繁殖した細菌はLPS(リポ多糖)という毒素を出します。そして、歯を支えている結合組織や骨を破壊していきます。

組織が破壊されて、ポケットはさらに深くなり、より空気に触れない環境の中で、さらに細菌は増殖し、さらにポケットは深く…という悪循環を繰り返し、最後に歯が抜けてしまうのです。


-

歯周病と診断されたのですが、痛みが無いので毎日のブラッシングだけして放っておいても大丈夫ですか?

-

歯周病は進行すればするほど治りにくく、手遅れになりやすい病気です。
しかも、かなり進行しないと自覚症状が現れないので危険なのです。
以前に歯周病と診断されたことがあるなら、なおさらすぐに治療を開始した方がよいでしょう。

揺れだしたり、膿が出たり、繰り返し歯ぐきが腫れたり…このような症状が出るのであれば、もうすでに進行してしまっています。
歯周病になる手前の状態(歯肉炎)や、軽度の歯周病であれば、毎日のセルフケア及び歯科医院でのケアにより、すっかり良くなることもできます。

しかし進行した歯周病によって減ってしまった骨などは、そう簡単に治りません。
もとの状態に戻ることはかなり困難です。
何の病気でもそうですが、早期発見、早期治療が大切です。
あとで後悔しないよう、手遅れになる前に信頼できる歯科医院を受診することをお勧めします。


-

歯周病は他の人から移りますか?

-

歯周病は菌の感染によって起こる病気なので人に移ります。

最近では夫婦間の感染が問題になっているので、夫婦そろって治療される患者様が増えています。
普段のケアで防げる病気ですので、正しいブラッシングを行って予防を徹底しましょう。


-

歯石を取るのは痛くないですか?

-

歯ぐきの上に付く縁上歯石を取る際にはほとんど痛みはありません。
また、歯ぐきの内側に付く縁下歯石除去の際には、歯ぐきの溝の深いところまで器具が入りますが、麻酔をして取ることがほとんどなため、心配ありません。


-

喫煙と歯周病の関係について教えてください。

-

喫煙は歯周病を悪化させる原因の一つということが研究でわかっています。
歯周病になってしまったら禁煙をおすすめしますが、どうしても禁煙できないのであれば、本数を少しずつ減らすことからはじめてみましょう。


-

口臭は歯周病治療で治りますか?

-

口臭の原因は胃腸や生理的なものなど、原因は様々ですが、最も多いのはお口に原因があるものです。
歯周病由来の膿、歯垢が出す発酵物質が口臭の最たるものです。
口臭はなかなか他人からは指摘されないものです。
少しでも気になったり指摘を受けたら、歯科医院を受診してチェックを受けて下さい。


-

歯周再生治療とは何ですか?

-

通常の歯周治療では、感染(歯垢・歯石)を除去した後は体が治してくれます。
しかしながら、歯周病が原因で失った骨や歯を支える靭帯は元には戻りません。
歯周再生治療とは、歯周病によって破壊された靭帯や骨を再生させるための治療法です。
あらかき歯科医院ではエムドゲイン法とGTR法といった歯周再生治療を行なっております。


-

PMTC(プロフェッショナルケア)とはどんな治療ですか?

-

歯科衛生士もしくは歯科医師などの歯科専門家による本格的なお口のクリーニングのことです。
ご家庭でのセルフケアと違うのは、専用の機械や薬剤を用いて、普段届かない細かい部分の歯垢・歯石を除去し、薬剤塗布によって歯質の強化を図ります。
定期的に行う事で虫歯や歯周病の発症を抑え、また進行を抑える効果があります。
もちろん、お家でのセルフケアが最も重要であることはいうまでもございません。


-

歯磨きをしないと、どれくらいの期間で歯周病になるのでしょうか?

-

歯周病の初期段階である歯肉炎が発症するのは、歯垢が歯に付いてから3~4日と言われています。
つまり、個人差はあるものの3日間ほど歯を磨かずにいれば、ほとんどの人が歯周病になってしまうといえます。


小児歯科 よくある質問

-

小児歯科は何歳まで通うことができるのですか?

-

年齢制限はありません。
小児歯科のゴールは、むし歯の無い、歯並びの綺麗な大人の歯並びを完成させることです。永久歯が生えそろう(親知らずを除く)13~14歳頃と思われますが、まだこの時期は上下の咬み合わせは完成していません。
そして、このあと思春期に入ることで顎や顔面の成長発育が顕著となるため、治療をする上で考慮しないといけない事が出てきます。

色々なお口のトラブルを回避するためには、成長発育を考慮した上で、専門家によるお口の健康管理が求められます。
顎や顔面の成長が完了する(20歳前後)まで、サポートしてゆくことが小児歯科の役目だと考えられています。


-

フッ素塗布が歯にいいと聞きました。いつから始めればいいですか?また、いつまで塗るのですか?

-

乳歯でも永久歯でも、生えて間もないときは、フッ素の効果は高いので、歯が生えてきたら、できるだけ早い時期から、かかりつけの歯医者さんと相談してフッ素塗布をしましょう。
しかし、フッ素を塗れば大丈夫なのではなく、大切なのは歯みがきの習慣やきちんとした食生活をすることです。

フッ素の塗布は歯が生えてきた直後に行うのが最も効果的といわれています。これは、生えて間もない歯の方が、フッ素の取り込み量が大きいからです。永久歯が生え揃うまで、すなわち第二大臼歯という6歳臼歯のうしろに生えてくる歯が12歳頃に生えてきますので、最低でもその頃までは塗布したほうが良いと思われます。


-

歯みがきをどうしても嫌がってしまうのですが?

-

基本的に1~2歳の頃はお口の中に道具を入れること自体を嫌がるので無理やり押さえつけてまでやる必要はありませんが、お母さんが指にガーゼをつけて歯をふいてあげたり、間食の最後にお茶や水を飲ませるなどの工夫が必要です。
歯ブラシを持って遊ぶことからはじめたりして、除々に習慣づけていきましょう。
医院でフッ素を塗布して予防することも効果的です。


-

指しゃぶりがやめられない

-

5歳になっても『指しゃぶり』をしている子をよく見かけます。
『指しゃぶり』を長く続けると、上顎が変形して永久歯の前歯が噛み合わない『開咬』という状態を引き起こし、見た目ばかりではなく、将来的に発音障害や舌の運動障害を伴うこともあるので、できるだけ早期にやめさせたほうがよいでしょう。
しかし、『指しゃぶり』は子供にとって、ひとつの精神安定剤的役割があるので、あまり強引にやめさせようとするのは考えものです。
時折やさしく注意したり、就寝時ずっとしているようであれば、そっとはずしてあげてください。

予防処置 よくある質問

-

予防処置って何ですか?

-

まずお口の中の総点検します(悪い所は治療します) 。
次に歯石等も除去して、ブラッシング指導を行ないます。さらにPMTCを行います。
その後は定期検診をぜひ、受けましょう!
悪い所を全部治療してから、予防へのステップが始まります。
歯石除去は予防ではなく、歯周病の治療です。
虫歯・歯周病の予防に一番大切なことは、毎日の歯磨きです。
これは患者の皆様が、ご自身で毎日やらなければなりません。
私達はその正しい方法をお教えするしかできません。

ブラッシング指導では、国家資格を持った歯科衛生士が、正しい歯磨きの方法をお教えいたします。


-

PMTCって何ですか?

-

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などによる専門的な口腔清掃のことです。
毎日きちんと磨いているつもりでも、どうしても汚れが残ってしまうところがあり、そこに歯ブラシだけでは落とせないプラーク(バイオフィルム)が形成されます。

PMTCで歯ブラシでは落としきれない歯の至る所の汚れ・着色を落とし、歯茎のマッサージ・歯面の研磨までを痛みを感じず、リラックスした雰囲気で行ないます。

<PMTCで得られる効果についてはこちら>

尚、バイオフィルムは3~4ヶ月で形成されます。
出来れば、3~6ヶ月に一度PMTCを受けることをお勧めします。
歯面の清掃をするだけですから、痛みはありません。
PMTC後は歯のツルツル感が得られ、お口の中が爽快になります。


審美治療・ホワイトニング よくある質問

-

前歯の隙間が気になるのですが、審美治療で治りますか?

-

前歯の隙間の状況により治療方針も異なりますが、審美治療では歯の表面を一層削り、セラミックのシェルを装着することにより、歯の形態や色調を改善できます。
隙間のスペースが広い場合には、矯正治療をおすすめしますが、スペースが狭い場合には簡単に樹脂を歯と歯の間に詰める方法もあります。


-

自分がイメージした通りの口元になりますか?

-

きれいな歯並びや白い歯は、理想的で美しい口元には不可欠です。
歯並びを改善したり、歯の色調を改善することによって、美しい口元に近づけます。
審美治療では、ホワイトニングは元より、ご自分の歯と見分けがつかないほど精密に作られたセラミックラミネートベニアやセラミッククラウンなどにより口元を美しくします。


-

生来からの歯の着色が気になります。審美治療で治りますか?

-

歯の着色には、いくつかの原因が考えられます。
タバコのヤニや茶渋に代表されるような着色はクリーニングで除去できる場合がほとんどですが、歯質そのものの黄ばみや変色は歯科医院で行うオフィスホワイトニングやご自宅で行うホームホワイトニングで改善されます。
虫歯による着色は、虫歯治療が必要です。


-

審美治療後に長持ちしますか?

-

審美治療に限らず、お口の中の健康を長期に維持していくためには、メンテナンスが必要です。
そのためにも3~6ヶ月毎を目安にした定期検診とクリーニングをお受け頂くことにより、審美治療後の長持ちが得られます。


-

ホワイトニングは安全ですか?

-

ホワイトニングは、アメリカでは約20年前から行われており、各大学の研究でもその安全性は確立されています。
ホワイトニングは、エナメル質内の有機物の着色を酸化還元します。
そのため、歯質を痛めず、安全に白くすることができます。


-

ホワイトニングができない場合はどのようなケースですか?

-

ホワイトニングが対象となるのは概ね15歳以上の方で、妊娠中でない方が対象です。
また、大きな虫歯があったり、知覚過敏のある方、及び歯周病のひどい方はできないことがあります。


-

ホワイトニングで白さの調整は可能ですか?

-

ホワイトニングを行うことにより得られる白さの程度には個人差があり、予測するのは困難ですが、オフィスホワイトニングでは、その効果を確認しながら処置を進めますし、ホームホワイトニングではホワイトニングを中止することにより、その効果は停止します。


-

どのくらいの期間で歯を白くすることができますか?

-

オフィスホワイトニングでは、1日で歯を白くすることは困難で、数回(3~6回位)通院していただかないと十分な白さを得ることができません。
また、ホームホワイトニングの場合、その方の実施状況によりますが、正しい使用法で毎日続けた場合、5~7日で白さを実感できるようになります。


-

ホワイトニングの際に痛みはありますか?

-

ホワイトニングは、歯質を痛めるものではありませんが、知覚過敏、歯肉の痛み、歯の痛み等を生じることがあります。
しかし、これらの大部分は一時的なもので、通常は数日間で治癒します。
すでに、知覚過敏の傾向がある場合、ホワイトニングを行うことでさらに症状が悪化することがあります。


-

ホワイトニング後の歯の白さはどのくらい持続しますか?

-

食生活や嗜好品及びハミガキの状況により、個人差があります。
たばこ、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどは歯の着色を早めます。
歯科医院で定期的(3~6ヶ月毎)なトゥースクリーニングをしていれば、ある程度の白さを維持できます。
さらに3~6ヶ月毎に1週間程度再漂白(タッチアップ)をすれば、ホワイトニング直後の白さをさらに長期間キープすることができます。


あらかき歯科医院

〒343-0813
埼玉県越谷市越ヶ谷5-2-2
Kレセンテ1階

TEL : 048-966-2322


大きな地図で見る

歯周病治療